VRZONE SHINJUKU

(2017年7月現在)

 

 前年にお台場で約半年間の期間限定で設置された「VR ZONE Project I Can」(当時、来訪した際の日記)でのノウハウを蓄積して2017年7月14日・新宿歌舞伎町にオープン。

 

  台場時代に人気だったアクティビティの他、新たに開発されたアクティビティが大幅に増加しています。

 特に今回は、バンダイナムコグループの総力を結集した形となり、様々な人気アニメとのコラボレーションコンテンツが増えています。これにより、VRにまだ不慣れな方でも、コンテンツの世界観に没入しやすくなっています。

 入館して最初に広がるスペース「センターコア」

 映像クリエイターの「NAKED」が手がけたプロジェクションマッピングなどの映像が広がります。

 

 写真のように、スクリーン上に「光のポイント」が出現したら、そのポイントを手でタッチしてみましょう。

 映像に何かが起こります。

 

 上映される映像は様々なパターンがあるので、それを眺めているだけでも楽しいスペースです。

アクティビティ

 VRZONEでは、各VR施設について「アトラクション」や「ゲーム」とは呼ばず、「アクティビティ」と呼びます。

  1Fには特に大型のアクティビティである「高所恐怖SHOW」と「攻殻機動隊ARISE」(8月オープン予定)、およびHMDを使用しないアクティビティ、無料体験コーナー、フードコート「GLAMPER'S」、ショップ「VRZONE Store」があり、2Fに有料アクティビティが集中しています。

 

→各アクティビティの紹介

 

VR HMDなどの機器の利用にあたって

  •  アクティビティの殆どはゴーグル型のHMDを装着します。そのため、13歳未満は利用できません。
  • VR HMD装着時は入場時に配布されたVRマスク(別名「忍者マスク」)を装着し、その上からHMDをかぶる形になりますが、その時は両手でHMDを押さえ、まっすぐ正面から顔に当てるようにしましょう。上下に動かしてしまうとマスクがズレてしまい、視界を遮ってしまう可能性があります。
  • VR HMD装着時、右下にあるIPD調整ノブに触れてしまうと、瞳孔間調整モードが表示されてしまうことがあります。このままスタートすると利用中ずっと表示されっぱなしになる恐れがあります。スタート前にスタッフを呼びましょう。(外部サイト:ノブの位置について
  •  長髪で髪を纏めている場合、耳よりも下で纏めるようにしましょう。
  •  アクティビティによっては、HMD以外にも手に装着するもの、足に装着するもの、腰に装着するものなどがあります。スタッフの指示に従い確実に装着しましょう。
  • GLAMPER'Sでは、アルコールの提供もありますが、少しでも飲酒した場合利用できないアクティビティがあります(また、泥酔すると全てのアクティビティが利用できません)。

 

入退場について

 入場は日時指定式の予約優先です。混雑日は当日券がない場合もありますので、確実に入場したい場合は公式サイトから予約しましょう。

 予約チケットには日付の他、時間の記載もありますが、当日中であれば時間に遅れても入場可能です。また一度入場したら閉館時間まで滞在可能、退場時にインフォメーションで手続きすることで当日中の再入場も可能です。

概要

住 所 :東京都新宿区歌舞伎町1-29-1

営業時間:10:00〜22:00(最終入場21:00、アクティビティ最終受付21:30)、年中無休

営業期間:いまのところ2年弱の予定とのこと

入場料 :大人800円、子供500円

セット券:1day4チケットセット 4,400円(入場料+各色1アクティビティずつ利用可能)

 

公式サイト

[ひとりごと]

  • オープン直後の混雑緩和のため、やむを得ないとは思いつつ、やはり1day4チケットの色分けは判り難い感じがあります。しばらくしたら色分けはなくなりそうですが。
  • エヴァとかめはめ波は3人1組のため、ペア客が多い時は回転率があまり良くないです(シングルライダー的な制度があると良いかも)。
  • 台場時代は施設外からも中がある程度見え、「何か面白そうなことをやってる」のがよくわかりましたが、新宿は完全に隔離されて中が見えず、通りすがりの方を引き込む力が弱い感じがありますね。
  • 飲食施設はかなりメニュー等が充実しているので、飲食メイン(+1アクティビティ程度)での気楽な利用ができる料金制度が出来るとうれしいですね。
  • 入場ゲートは、正しいチケットの時はパックマンがドットを食べる音が鳴りますが、エラー(予約時間前)などの時はモンスターに食べられたときの音が鳴るそうです。
Gポイント