· 

埼玉・飯能に開業するムーミンテーマパークの第一期オープンが2018年11月9日に決定

フィンテック グローバル株式会社と株式会社ムーミン物語は、埼玉県飯能市で開発中のムーミンをテーマにした「メッツァビレッジ」について、開業日を2018年11月9日(金)にすること、および「メッツァビレッジ」各施設の名称を決定、併せて本日メッツァ公式サイトの本サイトを公開した。

 「メッツァ」は、北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」(入場料無料)とムーミンの物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」(2019年3月グランドオープン予定、入場料有料)の2つのエリアで構成。

 今回開業日等が決定したのは第一期オープンの「メッツァビレッジ」で、日常的に遊びに行くことのできる自然豊かな公園機能を維持し、自然を身近に感じられる空間で、北欧のライフスタイルや空気感を感じられるようにデザインしている。

 

各施設概要(画像はイメージ)

①Market Hall(マーケットホール)

 1階はカフェや食品フロアで様々な地域商材により「活気ある日常」を提供。

 2階は北欧ブランドを展開する複数のテナントが揃い、まるで北欧を旅しているかのような時間を過ごしながらショッピングができる。

②Viking Hall(ヴァイキングホール)

 北欧の海賊ヴァイキングから由来、活気あふれるマーケットがコンセプトで、約10店舗の飲食店が並ぶ2階建ての施設です。

 湖側にテラスもあり、森と湖を臨む開放的な空間で心地いい時間を過ごすことができる。

③P apartment(ピー アパートメント)

 作り手(People)の想いが詰まったグッズ(Product)を販売する小さな店舗が集まったエリア。

 (「ピー」は、Pieni(「小さい」のフィンランド語)、Product、Peopleの頭文字)

 

④Nordic Square(ノルディック スクエア)

 季節毎のイベントや地域と連携したイベントなどを開催するパブリックスペース。

 

⑤Metsa Hall(メッツァホール)

 様々なブランドによる期間限定イベントや流行のポップアップストアを開催、地域のイベントや、貸し切りのパーティーや音楽やダンスの発表会など、様々なイベントで活用できる。

 

 そのほか、自作やレンタルのカヌーを楽しめるLaituri(ライトゥリ・桟橋)や、工房、ワークショップなどの施設が設置される。

 

今回の発表に合わせ、メッツァ公式サイトの本サイトhttps://www.metsa.co.jpも公開した。

 

なお、第二期のオープンとなる『ムーミンバレー』は2019年3月の開業を発表している。

<メッツァのブランドタグライン(提供価値)>

 北欧は幸福度が高いことで知られています。それは、仕事や悩みごとから解き放たれて心地よいひとときをのんびりと過ごせる“余白”の時間が、日常の中にあるから。

 “余白”のつかい方は人それぞれです。一人で本を読んだり、誰かと映画を観たり、丁寧に淹れたコーヒーをゆっくり味わったり、家族と今日あった出来事を話し合ったり。ソファで何もせずにのんびりくつろいだり。

 メッツァは、お客さまの暮らしの中にそんな居心地がよくて、のんびりと過ごせる、北欧に流れているような時間を提供します。

 “余白”をたのしむ時間は、しあわせを作る時間だから。