謎解き系イベント(ARG、参加型アトラクションを含む)を分類してみる (2012年6月執筆)

昨今、人気が急増している「謎解き系イベント」と呼ばれるものを分類してみました。

(半分趣味、半分業務)

 

[開催形式での分類]

公演型:同じイベントを数回実施、スタート時間や制限時間が規定

イベント型:特定日時や期間に1回限りで開催

自由参加型:開催期間中、自由な時間に開始・終了できる

常設型:専用の施設が常設されている

 

[開催場所での分類]

屋内:劇場・ライブスペースなど決まったスペース内で開催

施設内:遊園地内など特定の施設内で開催

狭域エリア:商店街・観光地など、公共エリア内で開催(移動容易)

広域エリア:日本全国など広範囲なエリアで開催(移動困難)

WEB:ネット上のみもしくは、ネット中心

 

[マネタイズでの分類]

参加費:参加者から料金を徴収して運営

タイアップ:参加費は無料、スポンサーによる広告費などで運営

ボランティア:運営サイドの完全持ち出し

(主な収入元で判断)

 

[ターゲットでの分類]

若者中心:流行イベントとしての参加層

マニア:謎解きや推理モノが好きな層(難易度を高く設定する傾向)

演劇層:出演役者などのファン層

ファミリー:親子での参加を想定(難易度を低く設定する傾向)

 

[要素による分類]

競争型:いかに沢山の謎を解けるかを他者と競争する

協力型:参加者全員で協力して(比較的難しい)謎を解き、ストーリーを進める

物語型:謎解きより、物語を優先する(謎が解けなくても、運営側の援助でストーリーが進む)

捜索型:謎解きより、その結果に基づいて現地捜索を行うことが中心

幸運型:運による要素が多く含まれている

実力型:頭脳より、技術力や作業速度などが重視される

 

 

これらの分類項目を組み合わせて、様々な謎解きイベントを見てみると、

 

  • リアル脱出ゲーム(SCRAP):公演型・屋内/施設内・参加費・若者/マニア・競争型
  • タカラッシュ(RUSH JAPAN):自由参加・狭域エリア・タイアップ・ファミリー・捜索型
  • タカラッシュGP(RUSH JAPAN):イベント・狭域エリア・タイアップ・若者/マニア・捜索型
  • ミステリーナイト(イーピン企画):公演型・屋内・参加費・マニア/演劇層・競争/物語型
  • あんたがた:イベント・広域/WEB・ボランティア・マニア・協力型
  • RDG:公演型・屋内・参加費・マニア・協力型
  • bubblegum:イベント型・WEB・ボランティア・マニア・物語型
  • 参加型アトラクション:常設型・施設内・参加費・ファミリー・幸運/実力型
  • 推理カフェDAREDA(WonderQ):公演型・屋内・参加費・演劇層・物語型

 

といった形になると考えます。いかがでしょう?

 

Gポイント